カード確認の4要素

hanzai.jpg

カード加盟店が顧客とクレジット取引を行う際、顧客の使用するクレジットカードおよびその用法が正当なものであるかどうかを確かめる必要がある。

その際に確認すべきとされている4つの要素で下記要素


・真正性:偽造または変造カードではないこと。

・有効性:何らかの理由(盗難等)で無効になったカードではないこと。

・限度額:買い物の額が利用限度額の範囲に収まっていること。

・本人:利用者が、カード会社からカードを与えられた本人であること。