偽造カード対策

hanzai.jpg

偽造カード対策は1980年代中頃に、VISA、マスターカードが中心となって「第一次共同防犯対策」が採用された。

磁気テープの導入とCATの普及、ホログラム(立体写真・印刷)の採用などである。


その後、「第二次防犯対策」として、VISAグループのCVV、マスターカードグループのCVC、顔写真入りカードなどが採用されている.

現在ではICチップが搭載されているクレジットカードが普及。
クレジットカードを新たに持つのであれば必ずICチップ搭載のカードを発行するべき。